30代からの基礎化粧品に切り替えて美肌を目指そう

レディ

美しい肌を育てる

基礎化粧品

エイジングケアを始める前には、基礎化粧品の見直しも重要となります。自分の肌に合う基礎化粧品を継続して使う事で、30代以降の肌が左右されてきますのでブランド選び、商品選びはもちろんのこと、日々のスキンケアタイムも念入りに行うようにしましょう。

保湿力がポイント

女の人

使用方法も一工夫

同じ女性でも、年代によって基礎化粧品は使い分けるほうが先々に差が出て来ます。特にお肌の状態がそれまでとは変化しやすい30代になれば、今まで使用していた基礎化粧品に変化をつけることが大切です。具体的にはそれまでより保湿力が高いものが理想で、加えて浸透力が高く長時間維持できるものが良いでしょう。成分はヒアルロン酸やコラーゲンなど、有名なものが人気が高くなっています。使用方法も30代からは変化をつけたほうが望ましく、それまでより少し多めに使用するようにします。そうすることで保湿力を高めることが期待出来ます。具体的には洗顔後の肌に、手に取った基礎化粧品を丁寧に押さえるようにします。温めた手で行うのが望ましく、そのほうが肌馴染みがよく浸透しやすくなると期待出来ます。化粧品によっては冷蔵庫で保存するほうが望ましい場合もありますが、その場合も顔につける時は常温に戻して温めた手で行うことが大切です。また、シートパックなど顔を覆うものも理想で、化粧水をたっぷりと染み込ませてしばらく顔に馴染ませ浸透させます。この場合が最も保湿を得られやすいのですが、シートが乾燥する前に剥がさなければ逆効果になるので注意します。他に日中と就寝前でも基礎化粧品の種類を変えるのが理想で、日中はUV効果が高く就寝前は美白効果が高いなど、使い分けることが大切です。30代はお肌の曲がり角とも呼ばれる年代で、30代からの基礎化粧品の使い方がその後を左右すると言っても過言ではないので注意するようにします。

いつくしい肌のために

レディ

若いころは気にならなかった肌の悩みは30代で感じてくることが多いです。これからも綺麗な肌を保つために、肌の悩みに合わせた基礎化粧品を選んで使用することが重要です。美肌や紫外線対策、乾燥予防などができる成分配合の基礎化粧品を上手に使用して、毎日のケアを続けてきましょう。

段階が上がって必要なもの

化粧品

30代が求める基礎化粧品への期待は、しわや毛穴の開きの改善やしみを何とかしたいというものが大半です。しわや毛穴の開きには保湿が欠かせませんし、最大の対策方法でもあることから、ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどの成分に着目するといいでしょう。