30代からの基礎化粧品に切り替えて美肌を目指そう

女性

段階が上がって必要なもの

化粧品

年齢肌が求める成分

20代の頃は、少しぐらい無茶をして肌に負担をかけても、自己修復力が強かったことによって肌はきれいな状態を保っていることができました。けれど、30代に入るととたんに修復力に衰えを感じるという人は多いでしょう。また、20代の頃と比べて肌質が変わったように感じる人が増えるのも、30代に突入して実感する変化です。30代のお肌の悩みで多いのは、しわ、しみ、毛穴の開きといったところでしょうか。しみに関していえば、体質によるものから、紫外線ケアが十分にできていなかったことなどが挙げられます。これらの悩みを基礎化粧品で何とかしたいということで、これまで使っていた物からもう一段階、グレードを上げて揃えることになるのも、30代の特徴と言えます。30代が必要とする成分が入った基礎化粧品としては、乾燥対策のためにヒアルロン酸やセラミドなどが含まれたものが効果的です。ヒアルロン酸もセラミドもたっぷりの水分を与えてくれる成分ですので、肌にしっかりと水分を蓄え、弾力をもたせてくれます。また、40代からというイメージがあるコラーゲンは、実はたっぷりの水分をしっかりと蓄えてくれる網の目の役割を果たしますので、基礎化粧品のどこかに含まれていると保湿が長持ちします。保湿がしっかりできれば、乾燥によって起こるしわや毛穴の開きが改善できるようになります。基礎化粧品を見直すことによって、かなり見た目年齢を巻き戻し、20代に見える人も多くなるでしょう。